Japan Archive

  • の資料を参照する:  ポルトガル語  英語  フランス語 (ワシントン/ジュネーブ) -自動車労働者組合(UAW)のボブ・キング委員長は、米国ミシシッピ州カントンに所在する巨大な日産の自動車組立工場において労働者が労働組合を結成する権利を保護するために、UAWとインダストリオール・グローバルユニオンが米国務省による調停を要請したことを本日発表しました。 世界レベルの組合連合であるUAWとインダストリオールは、世界中の日産およびルノーの労働組合も代表していますが、ミシシッピ州カントン工場の労働者が組合を結成することに干渉する日産の「攻撃的な阻害活動」は、労働者による結成の自由に関する国際的規範に違反すると表明しています。 「日産とその提携パートナーであるルノーは、世界中で労働組合を支援していますが、米国での行動はこれと大きく異なります。OECDのプロセスにより、日産の全労働者が失業などの報復措置や脅迫を恐れずに結社の自由という基本的権利を行使できるよう、公正かつ公平な解決が図られることを期待しています」とインダストリオールのユルキ・ライナ書記長は述べています。 2013年にミシシッピ州全米有色人地位向上協会(NAACP)が発行した調査報告書では、労働者が組合を結成した場合、日産が工場を閉鎖するであろうという体系的な経営側の予測が詳細に記されています。UAWは、「公正な組合選挙のためのUAW原則」と呼ばれる計画を提供しましたが、日産は、恐怖や脅迫のない環境で従業員の選択肢を確保する手順においてUAWとの連携体制を取ることを拒否してきました。 UAWの行動は、経済協力開発機構(OECD)で採択された一連の「多国籍企業行動指針」を米国が推奨していることに基づきます。OECDは米国が重要な指導的役割を果たしている国際的な経済政策の組織です。 OECD行動指針は、海外事業やサプライチェーンを営む多国籍企業の倫理的な行動を推進することを目的としています。この指針には企 業の海外活動における人権の保護、汚職防止、納税義務の履行、環境に対する責任、その他の良き企業慣行の指標が含まれます。労使関係においては、経営側が 労働者による組合結成の権利を阻害しないことを求めています。 この指針をめぐる対立の機密調停と和解を目的としたフォーラムとして機能する「連絡窓口」(NCP:National Contact Point)が、各OECD加盟国に存在します。国務省に拠点を置く米国NCPは、米国連邦調停和解局(FMCS)から経験豊富な調停者を登用し、両当事者が機密のフォーラムに参加することにより、紛争を解決する方法を模索しています。 OECD行動指針の元、米国NCPは日本、フランス、オランダのNCPと連携が可能だと、キング委員長は述べています。日本企業の日産は、フランスの自動車メーカーであるルノーとは交差所有という提携関係にあり、ルノー社のトップであるカルロス·ゴーン氏は、日産の社長兼最高経営責任者も兼ねています。さらに、両社の戦略的提携の登記オフィスはオランダにあるため、全関係者が合意できる結果を得られるよう、米国NCPはこの3か国のNCPに関与を求めることができると説明しています。 キング委員長は、「日産は米国およびその他の国々が合意している世界基準を順守すべきグローバル企業です。OECD行動指針はUAW、インダストリオール、そして日産が専門調停者の監視下で中立的な環境において互いに話し合う方法を提供します」と述べています。 要請が提出された現在、米国NCPは調停サービスを提供するかどうかを3ヶ月以内に決定します。調停はUAW、インダストリオール、そして日産がNCPの調停の申し出を受け入れた場合に限り実現します。調停が実現した場合、紛争解決は開始から6ヶ月以内を目途としています。 記: 米国NCP機密保持規定では、UAW/インダストリオールによる調停要請の詳細の開示が禁じられています。この要請は2013年に発行されたカントン工場における日産の国際労働基準侵害に関する公表報告書に基づいており、http://dobetternissan.org/2013/10/compa-report-jp (英語、日本語、ポルトガル語、フランス語)で参照することができます。 OECD行動指針と米国NCPに関する情報は、米国NCPのウェブサイトhttp://www.state.gov/e/eb/oecd/usncp/index.htmで参照することができます。 この情報の詳細については、Lauren Llewellynまでご連絡ください。 電話 (804) 675-8153(米国) | 電子メール Lauren.Llewellyn@padillacrt.com

    日産の労働組合結成権利をめぐる対立においてミシシッピ州の労働者とUAWがOECDのプロセスを要請

    の資料を参照する:  ポルトガル語  英語  フランス語 (ワシントン/ジュネーブ) -自動車労働者組合(UAW)のボブ・キング委員長は、米国ミシシッピ州カントンに所在する巨大な日産の自動車組立工場において労働者が労働組合を結成する権利を保護するために、UAWとインダストリオール・グローバルユニオンが米国務省による調停を要請したことを本日発表しました。 世界レベルの組合連合であるUAWとインダストリオールは、世界中の日産およびルノーの労働組合も代表していますが、ミシシッピ州カントン工場の労働者が組合を結成することに干渉する日産の「攻撃的な阻害活動」は、労働者による結成の自由に関する国際的規範に違反すると表明しています。 「日産とその提携パートナーであるルノーは、世界中で労働組合を支援していますが、米国での行動はこれと大きく異なります。OECDのプロセスにより、日産の全労働者が失業などの報復措置や脅迫を恐れずに結社の自由という基本的権利を行使できるよう、公正かつ公平な解決が図られることを期待しています」とインダストリオールのユルキ・ライナ書記長は述べています。 2013年にミシシッピ州全米有色人地位向上協会(NAACP)が発行した調査報告書では、労働者が組合を結成した場合、日産が工場を閉鎖するであろうという体系的な経営側の予測が詳細に記されています。UAWは、「公正な組合選挙のためのUAW原則」と呼ばれる計画を提供しましたが、日産は、恐怖や脅迫のない環境で従業員の選択肢を確保する手順においてUAWとの連携体制を取ることを拒否してきました。 UAWの行動は、経済協力開発機構(OECD)で採択された一連の「多国籍企業行動指針」を米国が推奨していることに基づきます。OECDは米国が重要な指導的役割を果たしている国際的な経済政策の組織です。 OECD行動指針は、海外事業やサプライチェーンを営む多国籍企業の倫理的な行動を推進することを目的としています。この指針には企 業の海外活動における人権の保護、汚職防止、納税義務の履行、環境に対する責任、その他の良き企業慣行の指標が含まれます。労使関係においては、経営側が 労働者による組合結成の権利を阻害しないことを求めています。 この指針をめぐる対立の機密調停と和解を目的としたフォーラムとして機能する「連絡窓口」(NCP:National Contact Point)が、各OECD加盟国に存在します。国務省に拠点を置く米国NCPは、米国連邦調停和解局(FMCS)から経験豊富な調停者を登用し、両当事者が機密のフォーラムに参加することにより、紛争を解決する方法を模索しています。 OECD行動指針の元、米国NCPは日本、フランス、オランダのNCPと連携が可能だと、キング委員長は述べています。日本企業の日産は、フランスの自動車メーカーであるルノーとは交差所有という提携関係にあり、ルノー社のトップであるカルロス·ゴーン氏は、日産の社長兼最高経営責任者も兼ねています。さらに、両社の戦略的提携の登記オフィスはオランダにあるため、全関係者が合意できる結果を得られるよう、米国NCPはこの3か国のNCPに関与を求めることができると説明しています。 キング委員長は、「日産は米国およびその他の国々が合意している世界基準を順守すべきグローバル企業です。OECD行動指針はUAW、インダストリオール、そして日産が専門調停者の監視下で中立的な環境において互いに話し合う方法を提供します」と述べています。 要請が提出された現在、米国NCPは調停サービスを提供するかどうかを3ヶ月以内に決定します。調停はUAW、インダストリオール、そして日産がNCPの調停の申し出を受け入れた場合に限り実現します。調停が実現した場合、紛争解決は開始から6ヶ月以内を目途としています。 記: 米国NCP機密保持規定では、UAW/インダストリオールによる調停要請の詳細の開示が禁じられています。この要請は2013年に発行されたカントン工場における日産の国際労働基準侵害に関する公表報告書に基づいており、http://dobetternissan.org/2013/10/compa-report-jp (英語、日本語、ポルトガル語、フランス語)で参照することができます。 OECD行動指針と米国NCPに関する情報は、米国NCPのウェブサイトhttp://www.state.gov/e/eb/oecd/usncp/index.htmで参照することができます。 この情報の詳細については、Lauren Llewellynまでご連絡ください。 電話 (804) 675-8153(米国) | 電子メール Lauren.Llewellyn@padillacrt.com

    Continue Reading...

  • の資料を参照する:  ポルトガル語   英語   フランス語 プレスキット(日本語版)ダウンロード (9時52分に2013年10月8日を更新し、新しい材料とAM) フルCompaのReportを(日本の)ダウンロード CompaのReportの要約を(日本語)のダウンロード ミシシッピ州NAACPから新たに公開された概要、 および国際的な労働法学者Lance Compaは、日産USAが国際労働機関憲章に基づく労働者の結社の自由を徐々にむしばむ方法を述べています。 (ワシントンDC)- Derrick Johnson・ミシシッピNAACP議長と、国際的な労働法の専門家Lance Compa氏による広範囲なレポートが、本日(10月8日)、ワシントンD. Cで公表されました。それによると、シシッピー州カントンの日産USAは、組合を組織する基本的な権利を行使しようとしている労働者に対して、その攻撃的な干渉によって、結社の自由に関して国際的な労働基準に違反しています。 そのレポートには、フランスとブラジルでのイベントにおいて、その会社は、国際法に基づく、労働組合を結成する権利、および団体交渉権を含む労働者の結社の自由に関する人権を尊重しなければならないと結論を下されことをも概説しています。しかし、そのレポートによると、カントン工場では、日産USAは、こうした権利を無効とするために、脅迫によるキャンペーンを打ち出してきました。 「国際法に基づき、および自ら述べた約束に従って、日産USAは、労働者の結社の自由すなわち団結権および団体交渉権に関する人権の基準を尊重すべき立場にあると考えます。しかし日産USAは、カントン工場で、こうした権利を無効とするために、脅迫による攻撃的なキャンペーンを打ち出してきました。」と、Johnsonは述べています。 「我々の調査では、日産USAは、国際労働機関(ILO)の核心である労働基準、国連の人権規約、およびその他の国際的な規範において尊重されている労働者の待遇の要件に添っていないことを示しています。日産USA自身が、国連グローバル・コンパクトの会員であることによって国際基準を尊重するという公約にも違反していることを示します。」と、現在はヨーロッパに拠点を置いているアメリカ人弁護士のCompa氏は述べています。「大規模な日産USAミシシッピー州カントン工場の壁の向こうでどのような待遇を受けているかに関する労働者の陳述では、国際的に認められている労働組合を組織する権利を、日産USAは、組織的に妨害している事実を確認しています。」 国際労働機関(ILO)の1998 年労働の基本的原則および権利に関する宣言、および ILO 協定第87号、第98号は、労働者の結社の自由に関する国際基準の基盤として重要なものです。それらは以下を禁止しています: 労働者の結社の自由の権利を侵害する何らかの圧力をかけ、恐怖をあおる、および脅しをかけること。 労働組合を組織することに関して、脅迫的な、および恐怖の環境を構築すること。 労働者が労働組合代表制を選択した場合、労働者に対し圧力や脅迫的な報復措置を取ること。 場内で労組代表から労働者が話しを聞けるようにする妥当なアクセスを拒否すること。 世界中の、拡大している学生運動、地域社会の組織、および労働組合から支持されている日産USAカントン工場の労働者は、レポートの中で、ILOの1998年宣言、および日産USAが2004年に加盟した国連グローバル・コンパクトにも同様に含まれるILO協定第87号および第98号の基準に違反する、日産USAの労働者への待遇について述べています。 労働者の1人で、2001年に雇用された板金品質技術者であるJeff Mooreは、反労働組合の脅迫は早くから始まったと述べています。「最初のミーティングにおいて、管理職側は、日産USAは完全に非労働組合の企業であり、なんら労働組合を必要としておらず、労働組合ができれば工場を閉鎖することになると語りました。」と、Mooreは言っています。「労働組合に関して彼らが述べたことはいずれも否定的で、肯定的な面は皆無でした。それはまるで、彼らが我々の頭の中に、ドリルで、労働組合にはかかわるなとねじ込むようなものでした。」とMooreは言っています。 労働者は、また、フィルムを観て、もし組合を結成したら工場を閉鎖するという脅しのほのめかしに満ちた発言を聴くことを強いられる「囚われの視聴者」の会議と、組織化された、彼らが組合の代表を選ぶならばひどい結果になると上司から一対一で警告されるミーティングを思い起こしています。 […]

    レポートには、ミシシッピー州カントンの日産USAが、労働組合の組織化と団体交渉をする労働者の国際的な人権の基準に、いかに違反しているかが概説されています

    の資料を参照する:  ポルトガル語   英語   フランス語 プレスキット(日本語版)ダウンロード (9時52分に2013年10月8日を更新し、新しい材料とAM) フルCompaのReportを(日本の)ダウンロード CompaのReportの要約を(日本語)のダウンロード ミシシッピ州NAACPから新たに公開された概要、 および国際的な労働法学者Lance Compaは、日産USAが国際労働機関憲章に基づく労働者の結社の自由を徐々にむしばむ方法を述べています。 (ワシントンDC)- Derrick Johnson・ミシシッピNAACP議長と、国際的な労働法の専門家Lance Compa氏による広範囲なレポートが、本日(10月8日)、ワシントンD. Cで公表されました。それによると、シシッピー州カントンの日産USAは、組合を組織する基本的な権利を行使しようとしている労働者に対して、その攻撃的な干渉によって、結社の自由に関して国際的な労働基準に違反しています。 そのレポートには、フランスとブラジルでのイベントにおいて、その会社は、国際法に基づく、労働組合を結成する権利、および団体交渉権を含む労働者の結社の自由に関する人権を尊重しなければならないと結論を下されことをも概説しています。しかし、そのレポートによると、カントン工場では、日産USAは、こうした権利を無効とするために、脅迫によるキャンペーンを打ち出してきました。 「国際法に基づき、および自ら述べた約束に従って、日産USAは、労働者の結社の自由すなわち団結権および団体交渉権に関する人権の基準を尊重すべき立場にあると考えます。しかし日産USAは、カントン工場で、こうした権利を無効とするために、脅迫による攻撃的なキャンペーンを打ち出してきました。」と、Johnsonは述べています。 「我々の調査では、日産USAは、国際労働機関(ILO)の核心である労働基準、国連の人権規約、およびその他の国際的な規範において尊重されている労働者の待遇の要件に添っていないことを示しています。日産USA自身が、国連グローバル・コンパクトの会員であることによって国際基準を尊重するという公約にも違反していることを示します。」と、現在はヨーロッパに拠点を置いているアメリカ人弁護士のCompa氏は述べています。「大規模な日産USAミシシッピー州カントン工場の壁の向こうでどのような待遇を受けているかに関する労働者の陳述では、国際的に認められている労働組合を組織する権利を、日産USAは、組織的に妨害している事実を確認しています。」 国際労働機関(ILO)の1998 年労働の基本的原則および権利に関する宣言、および ILO 協定第87号、第98号は、労働者の結社の自由に関する国際基準の基盤として重要なものです。それらは以下を禁止しています: 労働者の結社の自由の権利を侵害する何らかの圧力をかけ、恐怖をあおる、および脅しをかけること。 労働組合を組織することに関して、脅迫的な、および恐怖の環境を構築すること。 労働者が労働組合代表制を選択した場合、労働者に対し圧力や脅迫的な報復措置を取ること。 場内で労組代表から労働者が話しを聞けるようにする妥当なアクセスを拒否すること。 世界中の、拡大している学生運動、地域社会の組織、および労働組合から支持されている日産USAカントン工場の労働者は、レポートの中で、ILOの1998年宣言、および日産USAが2004年に加盟した国連グローバル・コンパクトにも同様に含まれるILO協定第87号および第98号の基準に違反する、日産USAの労働者への待遇について述べています。 労働者の1人で、2001年に雇用された板金品質技術者であるJeff Mooreは、反労働組合の脅迫は早くから始まったと述べています。「最初のミーティングにおいて、管理職側は、日産USAは完全に非労働組合の企業であり、なんら労働組合を必要としておらず、労働組合ができれば工場を閉鎖することになると語りました。」と、Mooreは言っています。「労働組合に関して彼らが述べたことはいずれも否定的で、肯定的な面は皆無でした。それはまるで、彼らが我々の頭の中に、ドリルで、労働組合にはかかわるなとねじ込むようなものでした。」とMooreは言っています。 労働者は、また、フィルムを観て、もし組合を結成したら工場を閉鎖するという脅しのほのめかしに満ちた発言を聴くことを強いられる「囚われの視聴者」の会議と、組織化された、彼らが組合の代表を選ぶならばひどい結果になると上司から一対一で警告されるミーティングを思い起こしています。 […]

    Continue Reading...

  • In the car industry…10 of the 12 biggest companies awarded the bonuses unions were asking for, which was the best result for eight years says Hidenari Hori, assistant general secretary […]

    Japan unlikely to pay its way out of fix (03-21-2013)

    In the car industry…10 of the 12 biggest companies awarded the bonuses unions were asking for, which was the best result for eight years says Hidenari Hori, assistant general secretary […]

    Continue Reading...

  • TOKYO—Japan’s top industrial labor unions won their biggest annual compensation gains in years, the latest hopeful sign that the economy is starting to pull out of its long stagnation. Toyota […]

    Japan Unions Win Best Raises in Years (03-14-2013)

    TOKYO—Japan’s top industrial labor unions won their biggest annual compensation gains in years, the latest hopeful sign that the economy is starting to pull out of its long stagnation. Toyota […]

    Continue Reading...

  • There are signs that this year’s “shunto” spring labor negotiations are shaping up to become a major turning point in the wage trend in this country. The climax of the […]

    EDITORIAL: Companies must see the perks of wage hikes (03-14-2013)

    There are signs that this year’s “shunto” spring labor negotiations are shaping up to become a major turning point in the wage trend in this country. The climax of the […]

    Continue Reading...

  • TOKYO, March 13 (Reuters) – Japanese exporters will hand out bigger bonuses for the next fiscal year as Prime Minister Shinzo Abe’s policies drive the yen to multi-year lows, with […]

    Japan Inc to pay bigger bonuses, cautious on higher base wages (03-14-2013)

    TOKYO, March 13 (Reuters) – Japanese exporters will hand out bigger bonuses for the next fiscal year as Prime Minister Shinzo Abe’s policies drive the yen to multi-year lows, with […]

    Continue Reading...

  • Major automakers fully accepted their unions’ bonus requests for fiscal 2013 on Wednesday amid growing expectations of earnings recoveries on the back of the yen’s depreciation, while electronics makers told […]

    Carmakers cite Abe in bonus pay decisions (03-13-2013)

    Major automakers fully accepted their unions’ bonus requests for fiscal 2013 on Wednesday amid growing expectations of earnings recoveries on the back of the yen’s depreciation, while electronics makers told […]

    Continue Reading...